忍者ブログ
監獄兎中心期間限定サイトの日記という名の掃溜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 双子の容姿考えていて「何か他に似たのあった気がする……アビスじゃないやつで」と思い出していたら、分かりました。

 月姫。

 実はギャルゲーも好きです。
 やはり今は引き篭もりですが……



 最近(元から)双子熱が熱いんです……
 赤+緑。
 ぴんぽんと思い出。



 本文は『続き』からどうぞ。




 「弟さんとは、仲が良かったんですか?」

 ぽんっ、とボールををラケットで叩きながら、プーチンが尋ねる。

 「……良くはなかった」

 ぴんっ、とコートに落ちたボールを跳ね返しながら、キレネンコが首を振る。
 途端驚いたように真ん丸になった緑の眼の前に、ボールが弾む。慌ててラケットを振るいながら、プーチンは勢い込んだ。

 「本当?兄弟なのに?」
 「世の中仲の良い兄弟ばかりじゃない」
 「だって、双子なんですよね?生まれた瞬間から、一緒だったんですよね?」

 ぽこんぽこんとラリーの音に合わせて、取りとめもない会話が弾む。
 取りとめもない、と思っているのはキレネンコの方だけであって、向き合うプーチンはラケットを振るのと同じくらい一生懸命問うてきた。前髪を括ってつるんと出ている額は右へ左への移動で汗が浮かんでいる。
 そんなプーチンとは対照的に温度が限りなくゼロに近い表情のまま、キレネンコは「双子でも仲が良いとは限らない」と告げた。ましてや生まれた瞬間から一緒だったからこそ、仲が良くない場合とて、ある。
 途中、ぐふっと台にしている扉の下でブリッジをしている柱部分が合いの手を入れるが、それは気にしない。

 「でも、一緒に遊んだりはしたんですよね?」
 「……そこそこな」

 殴り合ったり首を絞め合ったりするのを遊び、と呼べばだが。

 具体的に『遊んだ』内容の説明を受けなかったプーチンが「やっぱり!」と嬉しそうに笑った。
 兄弟のいない家庭だったプーチンは、両親よりも自分に年近い肉親の存在に憧れを持っている。特に同じ受精卵から生まれた双生児なら、元となる両親より分かり合えるのではないかと思っていた。それこそ、二人居ればテレパシーからテレポートまで出来るくらい、仲が良いものなのではないかと。

 それは幻想だ、と実際双子だったキレネンコには訂正が可能だが、あえて口には乗せない。
 その瞳が輝いているなら、過去の捏造くらい構いはしない。

 入れようと思えばいくらでも点を取れる相手のコートに、きちんと返せる位置へボールを落としてやりながら、終わらないラリーがふとキレネンコの記憶の扉を叩いた。


 確かに、弟との仲は良くなかった。

 反りが合わなかった、と言い替える事ができるかもしれない。殴りあった回数だけ取るなら、他に殴ってきた連中の回数全て合計しても凌げるくらいに殺りあっている。
 けれど同時に、プーチンが言ったとおり、生まれた時からずっと一緒だった。

 ほんの子供だった時、ケーキを食べた時、一緒だった。(どちらが大きいかで殴りあった)
 スニーカーの新作が出たのを買いに行った時、一緒だった。(一足しかなかったから殴りあった)
 カードをした時、ビリヤードをした時、卓球をした時、一緒だった。(全部勝負がつかなかったから殴りあった)


 爆発で吹き飛ぶ時、一緒だった。

 吹き飛んだ後、今の身体に一緒になった。


 生きている間は減らず口を叩いて反発ばかりしていた相手は、黙って大人しく身体にくっついた。
 左顔に、右腹に、左足に。
 拒絶をすることなく、違和感を感じることなく、ただ在るのが当たり前のように、一緒になった。

 殴るため腕を振り上げる事がなくなったまま、一緒になった。

 


 「むほぉっ!」という叫び声に、はたと半眼になっていた赤眼が開いた。
 ころころと足元を転がるボールと、ラケットを離して額を押さえるプーチンの姿がその目に確認される。同時に卓球台がバタンと倒れてしまったが、こちらは完璧無視する。
 どうやらぼんやりしている間に力加減を間違えていたらしい。へろへろになって座り込んでいる相手には、心配するべきか謝るべきか。
 どちらの選択肢も感情を表すことが苦手な口には乗らない。代わりにへたっている相手へ、キレネンコは無言で近づいた。
 台をぐしゃりと踏み越えて立った傍らで、とりあえず額の様子を確認する。少し赤くなっているが重症ではないそこに浮かんだ汗を無造作に拭うと、深呼吸をしていたプーチンが顔を上げた。
 だらんとしていた手を上げ、覗き込むキレネンコの縫い合わせた顔に触れる。他の人間なら即行で振り払われている手は阻まれる事なく縫合痕を撫でた。

 「仲良しだから、キレネンコさんと一緒になってくれたんですよね」
 「…………」

 いやそれは非常に大いなる誤解だ―――と無感情の赤い瞳が語っていたが、対する緑の瞳は穏やかに微笑む。

 「ありがとうございます、弟さん」

 この人を、生かしてくれて。
 この人と、一緒に居てくれて。


 身を与えた本人からは一度も言われなかった礼の言葉に。
 繋いだ左顔がぴくりと動いた、気がした。

拍手[2回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 34  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24 
Admin / Write
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/27 緋柳 涙]
[10/26 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/11 黒猫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
破璃
HP:
性別:
非公開
趣味:
引篭もり
自己紹介:
※ちょっとアピール※

バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]