忍者ブログ
監獄兎中心期間限定サイトの日記という名の掃溜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 赤×緑

 まったり甘々休息。



 本文は『続き』からどうぞ。

 麗らかな昼下がり。窓から差し込む光は温かく、ソファの向かいのテーブルにはジャムを添えた紅茶とクッキー。夕飯を作るまでのほんのひと時の休息の時間としては部屋の中は整いすぎているくらいだった。
 テレビに映るお気に入りのドラマを見ながら、プーチンはクッキーを一つ摘む。バターと卵と蜂蜜の匂いがふんわりと香り、自然顔に笑みが浮かぶ。穏やかな時間にはぴったりの香りだ。

 摘んだそれを、膝の上に頭を乗せて雑誌を読んでいるキレネンコの口元へ持って行く。視線は雑誌から動く事ないまま、唇に当たったクッキーをキレネンコがぱくりと食べた。
 サクサク噛み砕く音が聞こえてきて、ちょっと可愛い。一つひっそりと微笑み、プーチンもクッキーを口に放り込む。途端口の中に広がる香ばしさと甘さは思い描いていたものと一緒で胸を幸せ一杯に満たしてくれるようだった。
 次いで手にとった紅茶も薫り高く、とろりと溶けたジャムと相まって最高に美味しい。
 甘いものは本当に良い。溶け込むように心を癒してくれる。好きな相手と一緒に送る時間を送っていると尚更だ。

 実のところ、プーチンが楽しみにしているこのドラマがキレネンコの好みから外れているのは知っている。似たようなドラマを付けていると、いつも無言で切ってしまうからだ。
 なので唯一テレビが見られるソファでキレネンコが雑誌を読んでいた今日は見るのを諦めるしかないな、と若干しょんぼりした気持ちだったのだが。
 お茶の準備をしてから脇で大人しく洗濯物を畳んでいたところ、襟首を引っ張られた。驚く間もなく宙を浮いた体はすとんとソファに落ちる。次いで有無を言わさず膝の上にキレネンコの頭が置かれた。
 状況が分からずぽかんとしていたプーチンだったが、鼻先に突きつけられたリモコンにようやく彼の意図を知り、嬉々としてテレビを付けた。
 キレネンコの顔が雑誌で遮られていなければ、感激のまま感謝のキスの一つでも落としてしまったかもしれない。実行されなかったそれは情報として伝わっていないためどんな心情を起こすのかは分からないままだ。

 そうしてキレネンコは雑誌を、プーチンはテレビを見て時間を過ごす。話題を共有しているわけではないが、膝に触れる重みはこれほどにまでなく近くに存在を感じさせた。時折クッキーを運びながら、プーチンは不満とは無縁の気持ちでテレビを眺めた。

 ブラウン管の向こうでは男女が向き合って座り、笑いながら話している。平凡でありふれた日常の一コマそのものの表現。最近視聴率が落ちてきたドラマだが、プーチンはその単調で穏やかな時間を伝えてくる筋書きが好きだった。
 恋人と死別したり誰かに奪われ別れまた新しく出会ったりするのもドラマティックだと思うが、ただただ幸せそうな顔をした人を見ているとこちらも心癒されてくる。現実だろうとドラマだろうとそれは変わらない。痛みや悲しみを遠い所に置いている人が多いほど世界は温かくて平和であり、プーチンは穏やかな気持ちでキレネンコと一緒にお茶の時間を過ごせる。このドラマの男女のように、劇的ではなくとも何時も互いの存在を喜び合える事が出来る。

 欲を言えば、ドラマがラストを向かえなければもっと良いのだが。物語である以上、それは無理なのだろう。
 せめて『二人はそれからもずっとずっと、幸せに暮らしました』といった最終回にして欲しい。子供の童話のような幕締めならずっと想像で夢見続ける事が出来る。

 カップに口を付けたまままったりとテレビを眺めていたプーチンを、雑誌が小突いた。

 慌てて下を向くと、キレネンコが雑誌を半分ずらしてじっと見つめてくる。表情の浮かばない赤眼はどこか物言いたげにも見えなくもない。
 目を合わせたプーチンにはそれが直ぐに分かったのか、テーブルへと手を伸ばす。が、目的の物は皿の上からもうなくなっていた。

 「すみません、キレネンコさん。クッキーなくなっちゃってて……向こうにまだあるから取ってきましょうか?」

 言うが早いが立ち上がろうとするプーチンだったが、乗っかった頭は退けられない。逆に脚に押し付けるように首を倒してくる。
 当然それではプーチンは動く事が出来ない。
 疑問符を浮かべてキレネンコを覗き込むと、それを遮るように雑誌が動かされてた。
 代わりに、座り位置を正すように頭が膝の上に深く乗ってくる。
 いよいよもって、浮かしかけた腰に力を入れる事は出来ない。
 しげしげと下を見ても、見えるのはシューズの描かれた雑誌の表紙だけ。その下にある顔にどんな表情が浮かんでいるのか伺い知る事は出来ない。

 それでもプーチンは浮かぶ温かな気持ちに口元を綻ばせながら、再度ソファへ身を沈めた。
 雑誌があるため叶わない親愛のキスを、胸の中だけで送って。


 流れるエンドロールは何時も以上に柔らかな音を奏でていた。

拍手[3回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  4 
Admin / Write
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/27 緋柳 涙]
[10/26 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/11 黒猫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
破璃
HP:
性別:
非公開
趣味:
引篭もり
自己紹介:
※ちょっとアピール※

バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]