忍者ブログ
監獄兎中心期間限定サイトの日記という名の掃溜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 初心に帰ろうと思ったんです。(初心=ヘタレてない、緑にあんま関心がないシーズン1のキレ様)
 正確には、すれ違いネタがやりたかったんです。(サウンドの関係でそういう気分らしい)
 混ざりに混ざった結果、中途半端になりました。(それはいつもだ)


 赤(×?)緑。
 きっと多分、ただ単にそういう気分だったんだと思う。



 ※ちょっと、(日記にするには)不健全?



 本文は『続き』からどうぞ。




 どうしようどうしようどうしよう。

 頭の中が耐熱限界を超えて、壊れてしまいそうだ。

 

 「キレネンコさん、朝ですよー」

 檻の外に見えない太陽が昇る、起床の時刻。シーツを被っている隣人をゆする。一足先に起きて同居者を起こすのは刑務所に入ってからの日課だ。
 放っておけば点呼の時間まで寝てしまう相手は看守に怒られても殴られても至って平気のようだが、見ている方が心配になる―――起き上がらせる事が出来る日は皆無だが。

 「キレネンコさーん、朝ですー。起きてくださ~い」

 ゆさゆさと、シーツの下の体を揺らす。控えめに、というよりは少し強い力で動かしているのだが、枕に埋まる赤髪は起こされる素振りがない。
 来た当初は触った時点で手を叩かれ睨み付けられていたものだが、許容か慣れか諦めか―――今は無視の形に移行している。唸り声一つ上げない相手に特に腹を立てることもなく、揺らし続ける。
 ひょっとしたら向こうも意地で体を起こさないのかもしれない―――根気比べのような攻防に、最終的に終止を告げるのは今日同様、不機嫌そうに開かれる赤い瞳だからだ。
 眉間に皺を寄せた表情をさせるのは申し訳ないと思うのだが、瞼の開く瞬間、宝石のような色合いの瞳を見るのが実は好きだ。ゆっくりと現れる濡れた紅玉は、埋まる整った造詣と合わせて何度見ても息を飲む美しさを感じる。正直、それを見たいがために起こす役を買っているともいえる。
 鮮やかな色を目にした途端少し高鳴った胸を押し隠すようにして、覗き込んだ顔へと笑いかけた。

 「おはようございます、キレネンコさん」

 今日も良い天気ですよ―――確認の出来ない外の様子を想像して告げる。晴れでも雨でもこの狭い檻での生活に変わりはない。起床の時刻が来て、点呼がとられて、そこから決められたタイムラインの一日が始まって。夜眠る時間が来るまで同居人と顔を合わせた生活を送る。些細な外的要因では何一つ崩れ変化することのない場所で、変わることのない赤い瞳を見ながら過ごす日々はそんなに悪くはなかった。

 その目が何を考えているのか解れば、もっと良いのだけれど。

 いつも眠そうな、衝動とは無縁な―――怒っているときは別として―――静かに落ち着いた瞳は、どれだけ覗き込んでももっと深い場所にある心情を伺わせない。
 今眼下で自分の姿を映している瞬間は、一体何を考えているのだろうか。

 その答えは、思いがけず向こうから伸びた手が行った。

 「―――!?」

 見惚れていた赤い瞳に変化を示さないまま、頭を強く引かれる。全く予期していなかった動きに首の筋肉でブレーキを効かせることも出来ずにまともに突っ込む―――相手の、眺めていた目の真上に。
 ゴチッ、と下唇に自分の歯のぶつかる衝撃で目の前で星が散る。痛い―――ただ、それ以上に。
 外側の唇へぶち当たった柔らかな感触と、内側に入り込んできたぬるり動く生暖かな物体に。頭が、真っ白になる。

 「んっ―――ふ、ぅっ……!」

 ベッドの縁に手を突いて起き上がろうとするものの、後頭部を押さえる掌一つで動きを制される。もっと言えば、口内を舐め絡む舌の動きに思惟が奪い去られ、動くという命令を脳が下せなくなっている。

 なんなんだろうこれは。
 一体なにがどうしてどうなってこんなこんなこんな。

 理解できない事態に、混乱して止まりかける意識に。それでもきゅぅっと舌を強く吸われた瞬間背筋を駆けたものに、神経は完全に停止せずびくりと体を震わせる。
 自分の体感時間ではとてつもなく長く、たっぷりと時間をかけて触れていた部位が離れる。抜き際ぺろりと外側の唇を舐めた舌と、それと同じ色をした熱を感じさせない眼が。じっと至近距離で見ているのに―――今度こそ、ぎゃあともひゃあともつかない、意味不明な悲鳴を上げて飛び退いた。

 バッと後ろに跳ね飛んで、縺れた足によろけて転んで、尻餅をついて。床の上でじたばたもがいて立ち上がれないので腰で這いながら反対側の自分のベッドまで帰り、剥いでいたシーツをバサッと頭から被る。

 布一枚巻いてずっとこちらへ向けらていた瞳と隔てる。けれど、自分の眼球へ焼き付けて帰ってしまったのか、薄暗くなった視界の先にはあの無感動な緋色の双眸が浮かぶ。目を閉じても開いても消えない色に、体温が急上昇した。

 ―――なんでなんでどうしてなんで?

 ぐるぐるぐる。

 混乱した頭のままで、考える。
 何をどう思って、あんな事をしたのか。あの赤い目は、何を見てあんな行動をとったのか。

 平然としたまま、自分を見て。

 いやいやいや。

 違うきっと寝ぼけてたんだ間違えてたんだ単なる勘違いなんだ。
 他の誰かと―――そう、例えば刑務所に入る前に残してきた恋人とか、可愛い女の子とか。
 あの赤い目で、きちんと見ている誰かと、寝起きに勘違いしただけ。


 ―――でないとありえない。絶対にありえない。


 寝起きのぼんやりした、靴以外興味を示さない、冷めた赤い瞳が色事を考えてこちらを見たなんて。


 そう言い聞かせようにも、分裂連鎖を繰り返す頭の中は制御不可能。
 鳴り響くエマージェンシー・コール。臨界点、突破。


 爆発直前の頭には、扉の外から聞こえてくる点呼の呼び掛けすら聞こえてこない。






***蛇足***
 緑は、赤が、プラトニックだと思っておりました。

拍手[6回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 87  86  85  84  83  82  81  80  79  78  77 
Admin / Write
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/27 緋柳 涙]
[10/26 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/11 黒猫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
破璃
HP:
性別:
非公開
趣味:
引篭もり
自己紹介:
※ちょっとアピール※

バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]