忍者ブログ
監獄兎中心期間限定サイトの日記という名の掃溜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 どこかで言って憂さを晴らしておこうと思うのに夕飯食べて気分が良くなると途端忘れてしまっていたどうも破璃です。大らかさはかけらもありません。超ド短気です。

 なので、駐車場の入り口でガキ幼児がちょろちょろして退いてくれないと、相手が右も左も分からない子供だというのに腹が立ちます。大変、大人気ないんです。
 子供好きで面倒見が良い人とか、本当尊敬しますね…そんな人ばかりならきっと、世の中安泰です。











 でも、でもですね。
 本当にイラッとしたのはその子自体より、子供が車の前にいるというのに延々立ち話続けているお母様に対してだったりします。
 苛立つより、嘆かわしかったというべきか。ちゃんと面倒、見ろよ…!
 向こうのお母さん、こっちには勿論気づいてはいたんですがね。はす向かいでしたから。
 ちらちらこっちの顔伺いながらそれでも話すのやめません。うろつく子供の方にも目をくれますが寄りもしません。

 …人の邪魔になっていてもどうとも思わない、礼儀のこととかはこの際百歩譲るとしましょう。
 でも、でもでもでもさ。


 子供は、ちゃんと守りましょうよ?


 子供が車と対面しているんだから、危ないと思うのが普通なんじゃないだろうか。
 むしろ相手にとってどうとか思う前に、とりあえず我が子を庇うものではないんですか。本能的に。
 子供の安全より、優先したい話ってあるんでしょうか。
 轢くぞ。轢いちゃうぞ。ボンネットでドカンとお子さん撥ねますよそれでも良いんですかお母さん。

 …非常に、虚しい。

 結局ガキお子さんが自主的に退いてくれるまで、待ちました。
 ずーっと、ずーっと自分のことも考えてくれずに話に興じるお母さんのところへ戻っていくのを、轢くぞコラーと目線でいいながら待ってました。

 多分、アレは注進すべきところだったのだろう…と、思うのですがチキンな自分は「子供ちゃんと見て下さい」とも言えないままトロトロ車を停めて終わってしまいました…
 逃げた以上、俺がそのお母さんをどうこう言う資格はないんでしょうけど。
 でも、さ。
 自分の子供くらい、大事にしてほしいな本当…
 だから俺は結婚も子供も不要なのですガキ子供様は超がつく苦手なので対面すると顔が引きつる。
 育てるなんて無理ですね絶対。自分の教育が出来てないのにどうやって物を教えろというのか。

 まぁ、そんなのでも一応、自己防衛もままならない幼児は守って然るべきだとは思っているんです。
 ちょろちょろする背中を蹴り飛ばしてやりたいとか大変外道ですが、でも、若い命を優先するのは自然の摂理。


 今流行のモンスターペアレント、我が子が全てで一番だと思っている親は頭が痛いとしても、ネグレイトよりはまぁマシかな…とか、つい思ってしまうのです。

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 271  270  269  268  267  266  265  264  263  262  261 
Admin / Write
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[02/27 緋柳 涙]
[10/26 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/11 黒猫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
破璃
HP:
性別:
非公開
趣味:
引篭もり
自己紹介:
※ちょっとアピール※

バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]