忍者ブログ
監獄兎中心期間限定サイトの日記という名の掃溜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 人との待ち合わせなんかで、30分向かうのにかかるだろうと予想しておいて約束の時間20分前に出発するようなタイプです。
 しかも出た瞬間はまだ間に合うとか思ってるんです。
 携帯と車を持つようになってから、なんかそんな駄目さが特化しました。文明の利器に溺れてる……

 そして6月までにやっとこうと思った事を「大丈夫、次の週もまだ5月あるじゃん」とかほざいて間に合うと思っていました。自分に学習機能は搭載されていないのがよくわかる。



 さらにアリスの続きです。
 最近赤を「格好いい」と表現する際恥ずかしくなる自分が居る……そしてヘタレた赤を表現している時、すごく幸せになる自分が居る……

 本家の女神様から頂いているアリスプーチンで真実を得て下さい。
 



 その3。赤+弟+緑。
 結局急いでた理由って、何?




 本文は『続き』からどうぞ。


 


 その猫は、口が爪で引っ掻いた三日月のように、笑っています。

 「ここの猫は、なんで笑うんですか?」

 この世界を知らないおチビさんは、尋ねます。

 「チャシャ猫だからさ」

 その猫は、口が耳から耳まで届くくらい、ニヤニヤと笑っています。

 「ここのチャシャ猫は、皆ニヤニヤ笑うんですか?」

 この世界のチャシャ猫をを知らないおチビさんは、尋ねます。

 「チャシャ猫は、皆ニヤニヤ笑うものなのさ」


 この世界のチャシャ猫は、あちらも、そちらも、皆、ニヤニヤ笑うのです。


 でもきっと―――あんな風にニヤニヤ嗤うチャシャ猫は、他にはいないはずです。

 


 Alice In Wonder 3 ―親切なチャシャ猫さん?―

 

 青空へ浮かんだお日様は、まだまだお茶の時刻を示していました。
 昼寝を誘ってくるぽかぽか陽気の誘惑に乗らないよう、クッキーでお腹一杯になったプーチンは木々が並ぶ道をえっほえっほと走っていました。
 「送ってあげようか?」というお巡りさんの申し出は、考えた末丁重にお断りしました。車で追いかけるほうが確実に早いですが、サイレンを鳴らしたパトカーで追い掛けたりしては色々過去に罪状があり現在進行形で指名手配書が回っているキレネンコをびっくりさせてしまいます。仮に彼が清算前の卵を持っていたら、万引きと誤解されて店員さんに連れて行かれかねません。

 幸いにも普通のサイズに戻った―――それまでには屋根を壊すくらいまで大きくなり広がったスカートをお巡りさん二人の上に展開したり、その瞬間片一方の『とぅいーどる』がもう一方の『とぅいーどる』を銃身で殴りつけたりと紆余曲折があったのですが―――プーチンは、小さい時よりも断然大きな歩幅で進んでいけます。最もあまりコンパスが長くないので、一般的にはそこそこに、程度ですが。
 とっとこ走る足元は慣れないローファーのため、中々走りづらいです。自然手を横に振る乙女走りになりながら、卵を持って並んでいるだろう相手の元を懸命に目指し―――ている体が、がくーんっ!と急に引っ張られて停められました。

 「むほぉっ!?」

 ばたばたっと浮いた足が宙を走りますが、当然進みません。少し前穴を落ちていた時とは全く逆に、リボンで括った髪を支点に上へと引き上げられて目を白黒させていたプーチンに、愉快そうな声がかかりました。

 「―――そんなに急いで何処へ行く?」

 とても聞き馴染みのある声音と、最近聞き覚えた喉を鳴らすような嗤う音にはたと緑の瞳が焦点を合わせます。ぐるり首を回して声の方へ向いたプーチンは、ひらり赤い色を見ました。
 ずっと追いかけていた人の目印な色に一瞬その名前を呼びかけ―――すぐに、相手の識別をした彼は過ぎった名前と別の名を呼びました。

 「キルネンコさん!」

 間違うことなく言われた名前に、赤い瞳がすいと細められます。細い三日月のような弧を描く目と口元に合わせて、艶のある赤髪の上でふさふさした毛に包まれた耳が揺れました。
 ひょっこり頭に生えている耳は長く―――はなく、小さく三角形をかたどっています。左側に安全ピン二つぶっ刺した、立派なチャシャ猫のお耳がそこにありました。
 とても手触りが良さそうなその耳に、思わずプーチンは触りたい衝動にかられた―――のですが。

 「あ、あのぉ……結構、痛いんですけど……」

 と、手を伸ばしたのは掴まれている自分の頭の方でした。正直、頭頂部が丸ハゲになりそうなくらい、痛いです。
 それに、下手にあちらへ触ったりした日には、鋭い爪で(喉首を)引っかかれてしまうかもしれません。触らぬ猫に祟りなし。まだまだ長生きはしたいです。
 またまた賢い判断をしたプーチンに、キルネンコは穏やかとは一線を画す笑みを向けました。

 「それにしても、随分と面白い格好をしているな」
 「う゛っ!」

 上から下まで検分する鋭い目に、エプロンドレスを着込んだプーチンの背中に冷や汗が集結しました。
 小さいといっても成人男性の平均体重を片腕で軽々吊るし上げている相手の目元は、縁側で丸まる愛玩動物とは程遠い、猫科は猫科でも森に住む大型の肉食獣の方を想像させます。
 だらだらだらと程よい暖かさの天気の下で汗を滴らせる顎を、長い指が掬い上げてきます。首の下がくすぐられような感覚に、それはキルネンコさんがされる側なんですよ―――とは、とてもとても言い出せません。
 『食べていい?』と尋ねるような目から、視線を精一杯合わせないように明後日を向いたプーチンはスカートの裾をもじもじと押さえて言い訳を考えました。

 「え、えぇーっとですねぇ、これには海よりも深くて、お空よりもひろーいワケがありまして……」
 「ふん―――理由なんぞ別にどうでも良い」

 大方アレの趣味だろう―――名前は呼ばないものの、その指示語が誰を示しているかは明白です。あながち間違いではないかもしれませんが今回は完璧な濡れ衣なそれを、しかし唯一否定してあげられるプーチンは言及しませんでした。
 恋人(だろうか)の果てしなく高い沽券よりも、自分を掴まえている相手とそっくりな顔をした、自分が掴まえるべき相手の動向の方が今のプーチンには大切でした。

 「そうだ!キレネンコさんがこっちに来ませんでしたか?」

 暴走車並みのスピードで走っていた相手を常人ならはっきりと認識できないでしょうが、そこは大丈夫。弾丸をフライパンで叩き返せる御仁と同じ血を持つ彼なら、赤い彗星の軌跡だってばっちり捉えられるはず。全てを知った顔でニヤリ細められている赤い瞳は、何でもお見通しに違いありません。
 話を引き出すための腹芸も煽ても一切なく、ずばり正直に尋ねたプーチンに。

 「来たぞ」

 三角の耳が、あっさり頷きました。

 「―――えぇっ!?本当ですかっ!」

 ガンッ!と衝撃を受けたように真ん丸な目が一杯まで見開かれました―――やたらびっくりしているプーチンですが、別にキルネンコがちゃんと答えてくれたという有り得ない事態に驚愕しているわけではありません。彼はとても素直なので他人が意地悪をしたり嘘をついたりするとは思っていないのです。
 それにチャシャ猫は元来、親切な生き物です。長く鋭い爪を持っていたり、ニヤニヤ笑ったりしますが、話すと親切に答えてくれます。なのでチャシャ猫の生態系に則り、ニヤニヤと嗤っているキルネンコもぷらんとぶら提げたプーチンへ親切に教えてやりました。

 「アレは、この道を走って行った」

 『急がなきゃ』とか馬鹿みたいにほざいて―――と、非常に親切に付け加えられた補足にはあえて触れず、プーチンはとりあえず「この先には、何かあるんですか?」と当たり障りのない質問をしておきます。童顔な見た目の割に大人な判断です。

 「この先は茶会をやってる」
 「お茶会?」

 てっきり卵があるのだと思っていたプーチンは、意外な言葉に首を傾げました。プーチンとお茶を飲んでいた席を中座したキレネンコが、お茶会を目指しているのでしょうか?
 きょとんと瞬く姿をどう捉えたのか、キルネンコが「茶が飲みたいのか?」と吊るし上げるプーチンへ尋ねました。
 飲みたいか飲みたくないかで問われると―――実はちょっと、喉が渇いています。キレネンコとしていたお茶会では一口も飲めずにカップを倒してしまいましたし、先ほど置かれていたティーセットもクッキーを食べるのに一生懸命でお茶を飲んでいません。その上で走り通したのですから喉も乾いて当然です。
 自分も嘘をつくことをしない素直なプーチンはこくんと首を縦に―――頭から吊るされて動かせなかったので、振ったつもりで肯定しました。

 「出来れば、一口飲みたいです」

 その、正直な答えに。
 

 向かいでニヤニヤ嗤っていた笑みが―――一層、深まりました。


 「そうか―――なら、こっちで飲ませてやる」
 「わぁっ!良いんですか?」

 親切な申し出に、ぱっと緑の瞳が輝きました。感激したようにエプロンの前で両手を組むプーチンへ、三日月を描く口が「一口と言わず、好きなだけやろう」と、囁きます。


 ―――茶よりも、イイモノをな。


 とてもとても親切なお誘いに、素直なプーチンは何一つ疑問を抱かず「はいっ!」と喜びます。ばっちり得た了承に悠然と赤い瞳を細めたキルネンコは、獲物片手にぶら提げ道から外れた大きな樹の方へと足を向けました。彼としては別にどこでも―――それこそ公道のど真ん中である現在地でも―――全然構わないのですが、全年齢向けのお話のため、もとい、チャシャ猫は樹の上が相場と決まっているので一応定位置へと連れて行きます。
 ゆらゆら機嫌良く揺れる尻尾を見せる背中は、例え狩人が「その赤ずきんを離せ!」と現れてもあっさり返り討ちにしてしまうだろう余裕を漂わせています。種族どころか物語まで摩り替える勢いの背を誰も止める事は出来ない―――昼下がりのお外で開かれる、愉しい愉しいお茶会の開催

 「―――チッ」

 直前に。

 ドガッ―――!!!

 と、延髄めがけて飛んできたハイキックを空いた腕で受け流しながら、キルネンコは舌打ちしました。ニヤニヤ嗤いが一転、三日月の口が忌々しそうに下方向へと向きます。
 流石の彼も二種類のヤるを同時進行するのは難しいです―――特に、猛烈な殺気を向けてくる相手の方は自分と互角の力がありますから。
 払った足が繋げる二段蹴りをかわしつつ、猫パンチ―――なんて可愛らしいものではなく、鋭く立てた爪を一振り。鋼鉄の鉤爪並に鋭利なそれは、しかし肉を引き裂くことなく向こうの胸元に垂れていた物を弾いただけでした。
 キンッ!と金属の擦れる音を立てて宙を舞った物体が、くるくる回るようにして地面へ落ちます。
 ぶつかった拍子ぱかりと開いた丸い物―――チクタク針で正確に時を刻む懐中時計は、お茶の時刻を示しています。ですが今ここで唯一出せる飲料があるとすれば、鉄分豊富な真っ赤なジュースくらいなもの。嘔吐作用があるので決して飲んではいけません。
 そんなトマトジュースもどきを製造できる一人であるキルネンコは、落とした懐中時計も拾わず自分の(掴んでいる)物を引っ張る相手を冷ややかに睨みました。

 「戻ってきてんじゃねぇよ」

 吐き捨てられた言葉へ返答はありません。代わりに、その全身からは目視できる程の怒りのオーラが立ち上っています。
 内から渦巻く気圧を受けるように揺れる赤髪―――と、その上からにょっきり生えた長耳に。エプロンドレスの襟首に新しく掴む手をくっつけたプーチンは、思わず口をぽかんと開けました。

 「……キレネンコ、さん?」

 呆然と呼ぶのは、まごうことなき探し人の名前、なのですが。
 探しに探して追いかけ続けた相手と対面した緑の瞳が、ぱちぱちと瞬きます。まるで、目の前の光景が信じられないというように。何故なら―――


 きっちり襟元まで締められたシャツに、キュッと結ばれた蝶ネクタイ。

 その上に羽織った、真っ赤なベスト。長い足を際立たせる細身のパンツ。

 白手袋をつけた、エプロンドレスを掴む手と逆の手で押し上げられる細いフレームの眼鏡は、多分度が入っていません。遥か上方を飛ぶ飛行機の急所すら見分けられる視力に矯正する余地はありません。


 そんな上から下までラフさを感じさせる要所が一つもない―――所謂『正装』。


 まぁ唯一、足元がミスマッチにスニーカーだったりするのですが、そこはどうしても譲れないポリシーがあるのでしょう。仕方のない事です。
 整った服装に加え、安全ピン一つ貫通させたウサギ耳の揺れる赤髪もいつもプーチンが梳いてあげているように丁寧に櫛が通っています。
 粗末な囚人服かシンプルな私服しか見たことのないプーチンにとって、目の前の相手は最早同居人に良く似た別人です。ひょっとして彼は双子ではなく三つ子で、目の前にいるのは初対面のなんとかネンコさんなんだろうか?―――と、驚きのあまり色々疑いかけてしまいます。しかし、そこは素直なプーチン。彼の口から漏れたのは、

 「かっこいい……」

 という、とてもとても素直な、裏表のない本心からの感想でした。もちろんその小さな感嘆の声は、大きく長いウサギ耳へばっちり届いています。
 エプロンを握りながらぽぉーっと頬を染めて見ている恋人(断言)を眼鏡越しにちらりと確認したキレネンコは、その相手を掴む、自分と瓜二つなくせに別種族の耳を生やしている輩に向かって口を開きました。

 「……腕を折られたくなかったら、さっさと手を離せ。バカ猫」

 パキ、と白手袋の下で関節を鳴らす音にどんなふてぶてしい猫でも震え上がる―――はずなのですが、ジャガーもライオンもかしずかせる新しい猫科の王様には通じません。
 ニヤニヤと、またチャシャ猫らしい笑みを浮かべたキルネンコが鼻で嗤いました。

 「生憎と合意の上だ。大人しく来た道を帰れ、アホ兎」

 急いでいるのだからどうぞお気になさらず先に行って下さいこちらは勝手に愉しくヤりますので。

 そんなとっても親切且つ、非常に思いやりの溢れた言葉の要約に、安全ピン付きの長耳が「まぁありがとう!」と感動にうち震えることは当然なく。覆う毛が、わささっと殺気に逆立ちました。

 ジロリ烈火を宿した目で睨む兎と、ヒヤリ氷塊を思わせる目を眇める猫。

 穏やかな日差しと風の溢れる昼下がりには不似合いな張り詰めた空気が一帯に広がります。
 その丁度中心部、真ん中もど真ん中な位置に居るプーチンが、水色のエプロンドレスと同化するような顔色で固まっていました。ほんの一瞬前まで上昇していた体温は、体を浮かせる支点二箇所から吸い取られてしまったように下がってしまいました。
 
 兎と猫って、仲の悪い生き物だったっけ―――?『兎猫の仲』とかいう諺、習ったことないけど。

 だくだくと水分率が下がってきた体から何故か汗は際限なく噴出します。この調子ではいつか干からびてしまうかもしれません。が、「何か飲みたいんです」という要望はなんだか口にしてはいけないような―――いやもうむしろ手遅れかも。

 静かに聞こえてきた獣の威嚇音と掴む場所へ増す圧力に、『氷炭相愛す』ならぬ『兎猫相愛す』という言葉はこの世の中にないだろうかとプーチンは必死に頭の辞書を捲りました。

 


 ―――とりあえず卵の入手パックを増やすため、チャシャ猫についてきてもらうのは無理のようです。

 

 


―――――
 無理矢理感が炸裂ですみません。セクハラ発言投下ですみません。むしろキレ様がちっとも格好良く表現できなくて本当申し訳ないです。眼鏡は単なる趣味くさいです申し訳ない。
 そして結局、赤は何を急いでいたのか……ちゃんと、考えて、ヤれよ自分。






+++(別バージョンな)おまけ+++※『にゃんこ』という単語に危険を感じたら非反転で……


 くりんっ、と振り返った先―――見開いた緑の瞳に映ったのは。

 「―――にゃんこさん……!」
 「………………」

 

 ……今、なんだか変な発音をされた気がする。

 

 吊るした相手から送られるやたらキラキラとした眼差しに、ひくり、とチャシャ猫の三日月な口元が引きつりました。

 「……かわいい」と(本人にとっては)とても素直な感想を漏らして頬を染める相手を、去っていった兎の元まで放り投げてやるのと下ろして兎を引きずって帰ってきてやるの、どちらが親切か―――いやもう親切なんてする必要ねぇだろむしろこっちも「急がなきゃ」とか言って逃げるべきだ。

 わきわき動く正面の手から腕をギリギリ一杯まで伸ばしたリーチ差で何とか身の安全を保っている彼は、少し前に頭部の長耳を押さえて「……急がなきゃ」と青い顔で走り去った、パーツを半分ほど交換した兎の気持ちが良く理解できました。
 異種族間であっても、見事なシンクロです。

 いつ生命線たる腕を離すか―――ニヤニヤ嗤いを消したチャシャ猫にちょっぴり本気で危機感を覚えさせたエプロンドレスのおチビさんは、多分どんな世界に飛んでいっても強く生きられるでしょう。

 兎にも角にも。この世界のチャシャ猫がすうっと消えるのは、そんな経緯があったから―――なのでしょうか?





――――
色んな意味で、ごめんなさい……

拍手[4回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 100  99  98  97  96  95  94  93  92  91  90 
Admin / Write
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[02/27 緋柳 涙]
[10/26 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/11 黒猫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
破璃
HP:
性別:
非公開
趣味:
引篭もり
自己紹介:
※ちょっとアピール※

バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]