忍者ブログ
監獄兎中心期間限定サイトの日記という名の掃溜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いや、昨夜の話ではないのですが。
 メイドプーも執事キレもご主人様なキルも居ないのですが。(オフレコ)
 書き方を模索する中、色々な切り口使おうとトライしているのですが見事転びました…



 赤×緑。

 横にある、幸運。



 本文は『続き』からどうぞ。


 

 

 これは、ある夜の話だ。

 

 

 その晩、プーチンはふと目を覚ました。
 特に喉が乾いていたわけでも、寒かったわけでもない。鉄格子から見える外は真っ暗で、外れの方に見える星に目を開けるほどの眩しさはない。
 年に数回ほど、こういうことがある。いつも一度眠ったら朝まで目を覚まさないのに、何が原因か分からないままぱちり瞼が開く。そしてそんな時ほど不思議と目が冴えるのだ。微睡でも夢現でもなく、はっきりとした覚醒を起こす。
 開いた目でまず最初に認識したのは、鼻先。一番高い部分から真っ直ぐ通った鼻梁を上へと辿り、分岐軸のように左右等しく広がる柳眉を見る。
 本来ならばその下には眉の色と同じ、紅い瞳が埋まっているが今はきっちり閉じた瞼によって隠れてしまっている。帳となったその部位を扇状に縁取った睫毛は間近なのを差し引いても長く、ふるり動けばこちらへ当たりそうだ。
 そこからさらに目線を落とす。すると、引き結ばれた薄い唇がある。普段からあまり喋らない口は何か言葉を零すでもない。時折頬へ触れる寝息だけが彼が夢の世界の住人となっていることを物語る。

 ひとしきり隣に眠るキレネンコを眺めたプーチンは、改めて思った。


 羨ましい位に、整った顔だと。


 あまり美醜に固執しないプーチンでも、やはり男として格好良くありたいとは思う。ありふれた人並みの、どちらかというと童顔と評される自分の容姿に少なからず残念な気持ちになったことだってある。
 その点、彼はパーフェクトではないだろうか―――顔だけではない、体つきだってそこに備わる力だって、平均をはるか上回っている。
 男性的で、けど、綺麗だ、とも感じる。
 それは滑らかに張っている肌の質感であったり、安全ピンを刺した耳や、首筋や、もっと範囲広めれば自分の頭の後ろに回されている指だったり素足に触れた脹脛だったりする。
 身の上に数多走る傷跡など微塵も影響を及ぼさない。パーツのひとつひとつが、細胞の一片一片が、自分とどこか異なる要素を持って構成されている。
 ―――もしかしたら、そのせいで彼は敬遠されているのかもしれない。
 切れ長な目元などそうだ。覗き込めば正しく輝石のように深い紅の双眸はあまりに深く、底が見えないからこそハッとさせられる。
 澄んだ川面を眺めている時、山間からはるか下の谷間を覗いている時。気がついたら、体が落ちそうになっているのと同じ。足元を護る重力の檻をなくした瞬間の戦慄を、その目に覚えるのかもしれない。
 しかし、例えそうだとしてもやはり彼が優れた人種であることには間違いはなく、だからこそ、プーチンは一層分からなくなる。


 何故、そんな人が自分を抱えて眠っているのか。


 入れられた房が二人部屋である以上、対象が限定されているのは確かだ。仕方ないとも言い換えられる。だが、クールというよりもドライ、手を伸ばせば払いのけるか無視をする、馴れ合うことを嫌悪しているかのようにも見えるキレネンコの性質からすると些か変な話である。
 これがプーチンが女性で、かつ彼と対称になるような容姿器量ともに完璧な物を持っているなら分からないでもない。しかし、平均男性から縦横総合的に削ってしまった体は抱き枕としてすら不適合なはず。
 暖を取るだけなら、看守に持ってこさせたふかふかのダウンケットに潜れば十分なのだ。わざわざ、擦り切れたプーチンの側の毛布へ入ってくる理由にはなり得ない。


 理由、意味。そんなもの自体、そもそも存在しているのだろうか。


 たまたまなのかもしれない。気まぐれや思いつきでよく日常行動を示しているから、その一環だという可能性はある。
 或いは、プーチンが思っている以上に彼は人肌恋しいのだとか―――説としての力強さは、これが一番欠けている気もするが。

 普段はこんなこと、気にしたりはしない。深い眠りは明け方まで続き、起床の点呼で跳ね起きた後は始まる一日の事で頭が占められる。
 考えるのは、今夜のように不意に目が覚めた時だけ。他に何も思う事がなく、目の前に綺麗な顔があった時だけだ。
 答えを探すように、そっと隣を覗き込んでみる。
 顔の左右で異なる皮膚の色は暗さに隠れ、境目となる大きな縫合跡だけがぼんやり浮く。初めて見た時は随分驚いたが、もうすっかり見慣れてしまった。
 この傷も、彼の一部だ。そこへ存在する過去・因果・心情のいずれもをキレネンコがはっきり語らなくても、それがプーチンの中で出た結論だった。引き攣れた曰くのあるそれは恐れの対象ではなく、印象を深める一種の印なのだと。
 古傷を覆うように長い髪が降り掛かる。皮膚よりももっと色濃い、燃盛る紅蓮を模したかのような色は宵闇に溶けることなく開いた目を鮮烈に焼いてくる。
 硬質に跳ねる、赤毛の一本まで。やはり、美しい。
 精緻な人形のようでありながら、そこへあるのは輝くだけが全ての儚い『美』ではなく、もっと荒削りな、野生の獣に通ずる精彩を全身から放つ。孤高で、そしてしなやかな『美』。
 キレネンコと並べば、プーチンなどその毛先程度にしか世間へ存在を認められないに違いない。
 路傍へ転がる小石よりも咲き誇る大輪の華を、枯れるだけの草葉よりも艶やかに空を舞う蝶を、世界は愛しむ。価値あるものを擁護するため、その他多くを下として切り捨てるのはよくある事だ。
 仮に彼が狭い監獄を出る事が叶えば、その理に従い誰しもの目を引き寄せよう。
 そこではこうやってプーチンが傍へ寄る権利も、必要性も派生しない。キレネンコの方が、求めたりしない。掃いて捨てるほどに集まった衆人の中から、彼は自身に釣り合う誰かを選ぶだろう。


 ―――なら、逆にこの状況は稀に見る幸運なのではないか。


 発想の転換。理屈の摩り替えと言っても良い。理由の如何を問わず、起こる疑問の一切を無視して、都合の良い結果だけ残す。

 小石でも、草葉でも。どれだけ己がちっぽけであろうと、稀有な存在と寄り添えること、それ即ち幸運なのだと。

 平凡な日常を送っていれば填まることがなかった位置に収まり、見ることが出来なかった顔を眺め、触れることが許されなかった熱を感じ得る。
 特別と有頂天になるのは勘違いだとしても、彼の意思を侵害せず純粋な喜びを見出すのは。そこまでは、プーチンの自由であるはず。
 そっと、指を持ち上げる。眠る相手を起こさないよう、細心の注意を払ってかかる赤い髪を退ける。ピクリ微かに震えた頬に一瞬慌てたが、幸いにも瞼は降りたままだった。
 煌く紅玉を見たいと思わないではないが、それは朝日が昇ってからで良い。
 隔てるものをなくした顔は益々端正だ。同時に、先ほどまで見えなかった部位が新たな発見もたらす。
 すっかり癖になっている眉間の皺は、流石に今は消えている。下がりがちの口角も、正しい直線の位置へ。
 静かで、覗き込めない場所へいる彼もきっと、心穏やかな時を過ごしているのだろう。
 力を抜いた寝顔は、どこか幼い-――と思ったのが知れてしまえば、キレネンコは大層嫌な顔をするかもしれない。だから、眠っているのは丁度良いことだ。
 ふふ、と小さく笑んだプーチンに、睡魔の足音は戻ってこない。
 このまま夜明けまでの数時間、綺麗な横顔を眺め続けていよう。
 胸に灯る明かりを抱きしめるように、温もりに抱きしめられたまま新しい朝を迎えよう。

  それは夢を見るのと同じだけ、幸せなこと。

 
 

 これは、ある夜の話だ。

 

 
 目を覚ましたプーチンだけが知っている、幸福で満ち足りた、そんな夜の話。

拍手[1回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 240  239  238  237  236  235  234  233  232  231  230 
Admin / Write
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/27 緋柳 涙]
[10/26 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/14 黒猫]
[10/11 黒猫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
破璃
HP:
性別:
非公開
趣味:
引篭もり
自己紹介:
※ちょっとアピール※

バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]